CANON EOS R6

Canon EOS R6で、明るい老後生活

Pocket

実はCanonに移行いたしました。それも1ヶ月以上前に。

いつもなら購入してすぐに記事を書く私でしたが、今回は書くのを迷いました。

記事にするのが遅くなった訳

別にこの1ヶ月、写真を撮り貯めてレビューを書こうと思ったわけではありません。

私はそんな人ではありません。

ただ単に、買い換えスピードが早過ぎて恥ずかしかったから、記事にするのを躊躇っただけです。

DSCF4168

「OLYMPUS(Pen-F)のカラープロファイルが楽しい〜」

って思って遊んでいたんですが、「色の微調整」がやればやるほどどうしたらいいか分からなくなりました。

「SONYはオールドレンズが楽しい〜」

って思って遊んでいたんですが、ピントが合ってない写真を量産して「1年間撮り貯めた写真」が1枚も今年の年賀状素材に採用されず、iPhoneの写真が採用されました。

 

んで、今まで購入したカメラは売却してCanonに戻ってきました。

(※いただき物のカメラは勿論売却していません)

明るい老後生活

元5D mark2ユーザーなのですが、当時欲しかったレンズが今では安く買えるのは胸熱ですね。(3万円台)

DSCF4174

勿論、EOS R系にはRFレンズが最適なのは理解しています。

とは言っても、古くてもEFレンズの赤鉢巻きは所有欲が満たされます。

ちなみに、当レンズ(EF28-70)は「遺品」とのこと。

ゴーストが写り込むかもしれません。

 

安価で、ついつい嬉しくてEFレンズ数本購入してしまいました。

今後は長い年月をかけて、RFレンズに移行していこうと思います。

楽しい老後生活が待っています。

JPEGでも安心

curtainEF28-70 F2.8L

楽しい。

単焦点派だった私ですが、Canonはズームが楽しい。

Misono Central ParkEF17-40 F4L

レンズは金属鏡筒が大好きでしたが、Canonはプラスチック製。

しかし安っぽさは皆無で、作り込みは流石Lレンズ。

このEF17-40mmは周辺の解像度が..と言われますが、周辺は知らん人なので別に良いです。

 

私はRAW現像しないマンなのですが、CanonはJPEG画像も安心。

なぜR5にしなかったのか?

お金が無いからです。

なぜRFレンズで揃えなかったのか?

お金が無いからです。

撮影しやすいCanon

DSCF4198

電源スイッチが左側にあるのが少々気になる程度で、あとは非常に使いやすいボタン配置です。

 

キタムラのキャンペーンで背面液晶のガラスコーティングを無料で施行していただきました。

それに加え、別途追加料金でフッ素コーティングもお願いしたのですが「指紋」や「鼻の油脂」が付きにくくなり非常に満足しています。

施行は「手塗り」で行なうって聞いていたので、塗りムラやハミ出しを心配したのですが、上手な店員さんのおかげで塗ったとは思えない仕上がりでした。

本当は塗ってないのかもしれません。

NEW STANDARDに満足

  • 控えめな画素数
  • 手ぶれ補正付き
  • R5と遜色ないAF性能

R5とは値段差が顕著でしたので買えませんでしたが、R6はスタンダード機として必要十分な機能を持っています。

α9は10年使うつもりで買いましたが、3年半で売却してしまいました。

R6は10年使うつもりで、売ることは考えずに使い潰したいと思います。