LEICA M10

ブラックペイントを購入しました

Pocket

ライカを買うまでブラックペイントなんて興味ありませんでした。

ブラッククロームよりも高価なブラックペイント。

同じ黒なら、安価な方が良いと思っていた自分がいました。

ブラックペイント欲しい病

先日、ライカM10を購入し満足しております。

ただ、M-P(ブラックペイント 以下BPに略)とどちらを買おうかなと思って、結局M10を購入したわけですが、何かモヤモヤしたものを引きずっています。

ブラックペイントの艶々さに惹かれたのであります。

 

ソリッドな黒も魅力的なのですが、艶のある柔らかそうな漆黒のBPは別次元。

イメージが貧困なのでうまく言えませんが、墨汁でヌリヌリしたような光沢感にときめきメモリアルガーデンなのであります。

 

色なんて撮影に関係しないじゃない。

そういう意見もあるでしょう。

考えないようにしよう。考えないようにしよう。

そう思えば思うほど募る想い。

深夜、酔っ払った勢いでポチってしまいました。

漆黒のsignora

ということで某メルカリで300円にて購入しました。

漆塗りの箱です。

あまり期待していなかったのですが、漆塗りの箱(BP)の質感が想像していたよりも良い。特に角の触り心地が良い。

 

とは言え、私も漆塗りの箱(BP)で喜ぶほど愚かでは無い。

実験が必要なのであります。

脳内覚醒

箱と、ライカM10をこのように配置します。

少々、大きさに差があるようですがこのくらいは許容範囲です。

 

途中、息子から「お父さん、何してるの?」と聞いてきた。

知らない方が良いこともある。

きっとお父さんのこと嫌いになってしまうよ。

 

気を取り直して実験開始だ。

右手にM10を持ち、ダイヤルなど回してみる。

左手には漆の箱(BP)、角や面を撫でてみよう。

 

目を閉じろ。

そうだ。

聞こえるだろう。

【右ASMR】「カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ

【左ASMR】「サスサスサスサスサスサスサスサスサスサス

指先に神経を研ぎ澄まし、イマジネーションを掻き立てろ。

 

感じる。

雑念を捨て、刮目せよ。

そして生まれた

M10ブラックペイント爆誕である。

A●のような疑似体験とは一線を画す、高尚なバーチャルリアリティ。

これは病みつきになりそうだ。

 

値段が高騰しすぎて、もはや手が出ないブラックペイント。

騙されたと思って試してみて欲しい。